アフィリエイト向上大失敗:タイトル www.igros.net

Googleアドセンス報酬向上[2/3]

アフィリエイト小銭の殿堂 成功の3か条
  • 短気は損気、効果は三ヶ月後から
  • 何はともあれ、blogサイトを作る
  • 継続は力、毎日1件、記事と情報デザインこそ命
www.igros.net検索
[PR]特集 Amazon.co.jp レコメンドコンテンツ



特集:1 Googleアドセンス報酬向上[2/3](このページ)

  Google AdSense/チャネルを使う


 Google AdSenseでは、色々な機能(ツール)を提供しています、簡単なモノをいくつかご紹介したいと思います。(まずは、チャネル機能からどうぞ...)

 例えば、FC2の無料blogFC2ブログでの最新映画情報、アセラの無料blogアセラで愛犬ランちゃん、と言うように複数のblogを運用したとします。(アフィリエイトでは複数のblogを運用した方がより有利ですね)

 それぞれにGoogle AdSense広告を貼り付けた場合、広告表示数、クリック数、クリック率、報酬額などの、結果レポートはすべて合算数字になります。
 Google AdSense広告のレポートをアクセスカウンター代わりに使うにしても不便ですね。

 アフィリエイト的には、どちらのblogテーマが効果的なのか、判断が付きません。
 本来なら、より効果的なblogテーマに、多くの労力を注ぎ込んだ方が報酬向上に直結しますので、重要な情報源だと言うことになります。

 同じように、当初、最新映画情報だけでblogをスタートさせ、三ヶ月後、思うように効果がでないので、もう一つ違うblogを運用しよう、と言う場合も同じです。

 これらの問題は、チャネル機能を使うことで解決することができます。
 Google AdSense広告タグを生成する際、自分自身で設定した名前=チャネルを割り当てることができ、Google AdSense結果レポートは、このチャネル別に情報を提供してくれます。

 最新映画情報blogは「映画情報」チャネル、愛犬ランちゃんblogは「ランちゃん」、チャネルのように割り当てた広告タグを貼り分ければ良いわけです。

  Google AdSense/リンクユニットを使う


 Google AdSense広告の基本広告は、タイトル、紹介文、URLを一つにまとめたブロックテキストです。
 この広告パターンが、どうもデザイン的にマッチしない、と言うblogはリンクユニットと言う広告パターンが用意されています。

 デザイン的にマッチしないと言うことは、アフィリエイト的にマッチしないと言い換えることができ、報酬向上として問題になりかねません。
 blogの構成がコンテンツよりも、リンク集に近い場合など、この手になると思います。

 リンクユニット広告パターンを使うと、Google AdSenseは、そのページにマッチしたキーワードのリンク集のようなモノを表示します。
 このリンク広告をクリックすると、Google AdSenseは報酬候補の広告一覧表示してきます。

 つまり、二段構えで広告スポンサーへ誘導するような仕組みです。
 一見、非合理的のようにも思えますが、リンク集的blogの場合、他のリンクと違和感無く溶け込めるため、クリック率を向上させることができますので、blogのページに合わせ使い分けることが良いでしょう。

      Attention:リンクユニットの中に現れる検索ボックス...
       関連する広告キーワードが表示できない場合(代替広告指定も無い)、検索ボックスが表示されます。
       この窓からキーワードを入力し、リスティングされる広告(検索結果)をクリックしてもあなたの報酬になります。
       (ブラボー)

  Google AdSense/検索向けを使う


 GoogleAdSenseには、もう一つ武器があります。
 それが、検索向けAdSenseと言うモノです。

 今まで紹介した広告は、コンテンツ向けAdSenseと呼ばれていますが、検索向けは、いわゆるGoogle検索窓を経由して、広告スポンサーの広告をクリックすると報酬になる仕組みです。

 検索中心のポータルサイト型blogを運用する人に有利な機能です。

 ちょっとわかりにくいですか...。
 例えば、通常のwww.google からGoogle検索を行うと、画面右帯部分にスポンサー広告が表示されますが、これをクリックすると、当然のごとく、スポンサーサイトに飛ぶだけですね。

 ところが、検索向けAdSenseを使うと、まったく同じことでも、スポンサー広告をクリックすると、あなたの報酬になります。

 検索向けAdSenseページは、ヘッド部分の自由カスタマイズが可能になっていますので、ある程度まで自分のページのようにGoogle検索が設置でき、しかも、報酬に繋がる可能性まで提供してくれてます。

  Google AdSense広告が英語で困る


 Google AdSense広告を貼りこんで、妙な現象に遭遇する場合があります。
 何故か、日本語のページなのに、英語の広告が表示されてしまう場合です。

 何故そのような結果になるのか、文字コード(SJISやEUCなど)の読み違いなのか、はっきりした理由は知りませんが、とにかく英語広告が表示される現象です。

 これでは、クリック率の向上は望めません、アフィリエイト的には致命的と言えます。

 これを解決する方法として、貼り付けるGoogle AdSense広告タグに、ある1行を追加することで解決させることができます。

 google_language = "ja";

 これで、出力される広告は、原則、日本語の広告になります。

  Google AdSense広告が公共サービス広告で困る


 既に、何度も紹介している通り、Google AdSense広告は、ページの中身を解釈し自動的に広告を出力してくれます。
 仮にマッチした広告が無かったら?、Google AdSense広告は公共サービス広告と言う非営利性の広告を出力します。

 なかなか、意気なアイディアだと思いませんか。

 但し、Google AdSense広告を生成する時点で、代替広告用URLを指定すると、マッチした広告が無い場合、自分で指定したURLから取り込んだ情報を出力します。

 アフィリエイト的に、誰もが考えること、Google AdSense広告が表示されない場合、他の広告に差し替え出力しよう。

 例えば、代替広告として、A8ネットA8.net(エーハチネット)のアフィリエイト広告を出したいとしましょう。
 代替URLにA8ネットA8.net(エーハチネット)から取得したアフィリエイト広告タグを入力すれば良いわけですが...、残念ながら代替URLとして機能しません。

 何故かと言いますと、Google AdSense広告の出力は、JavaScriptを使って実施しているためなんです。(難しい話になりそうなので、ここまでとします)

 では、どうやって表示させるようにするか、と言いますと、簡単なプログラムを用意するのが一番早い方法だと思います。
 ここでは、phpプログラムのサンプルを紹介したいと思います。

 まず、phpプログラムとして、以下のようなソースを作ります。

<?php
 //取得したアフィリエイトコードをecho文で囲む
 echo '<A HREF="http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=xxxxx+xxxxx+xx+xxxxx" target="_blank">エーハチネット</A>';
 echo '<img border="0" width="1" height="1" src="http://www13.a8.net/0.gif?a8mat=xxxxx+xxxxx+xx+xxxxx" alt="">';
?>

 このプログラムをphpの使えるサーバーに設置します。
 例えば、www.igros.net/google.php のような名前です。

 代替URL指定では、この www.igros.net/af//google.php 、つまり、http://www.igros.net/af//google.php と指定すれば、マッチした広告が無い場合、指定したA8ネットA8.net(エーハチネット)の広告が出力されるようになります。

  Google AdSense広告が他のアフィリエイト広告と競合して困る


 インターネットに広告を掲載する企業の多くは、Google広告(アドワーズ)を利用する一方、
A8ネットA8.net(エーハチネット)アクセストレードアクセストレードのような広告代理サイトも利用します。
 つまり、ほとんどの企業が併用しています。

 ここで一つ問題が発生する場合があります、それが、広告の競合です。

 例えば、成果報酬1,000円の広告をアクセストレードアクセストレード広告代理サイトから取得掲載したページに、同じ企業の広告が、Google AdSense経由で表示されたとしましょう。
 Google AdSense広告はクリック報酬なので、単価は数円〜数十円です。
 アフィリエイト的には、より報酬の高い広告へ誘導したいわけですから、問題になります。

 このような場合、Google AdSenseのフィルター機能を利用します。
 フィルターでは、出力したくない企業広告のURL(正確にはドメイン)を指定すると、その広告は配信対象から除外してくれます。

  Google AdSense広告がページ内容とマッチせず困る


 Google AdSenseが出力する広告内容と、ページ内容がマッチ(意図)しないような場合がありますが、これは、ページ内に含まれる数多くのキーワードから、その強さによる優劣の関係からだと思われます。

 とくに、ページタイトルや副題、キャッチコピーなどに、強いキーワードが含まれているような場合は、どのページを開いても出力される広告が一緒、と言う場合も考えられます。

 これは、特集:1 Googleアドセンス報酬向上[1/3] 統一性のないテーマが有利な理由 からすれば、アフィリエイト的にはマズイと思われます。

 この問題を解決する方法として、セクション ターゲットと言う概念があります。
 セクション ターゲットは約束されたタグです。
 Google AdSenseがキーワードを解釈する場合、強調したい部分と、解釈の対象外にしたい部分を、タグで囲むことで、範囲を限定することが可能になります。

 ページ内のセクションを強調するための HTML タグは次の形式となります。
    <!-- google_ad_section_start -->
    強調したい部分


    <!-- google_ad_section_end -->

    <-- google_ad_section_start(weight=ignore) -->
    無視してほしい部分


    <!-- google_ad_section_end -->


関連リンク リスト
無料blog+アフィリエイトOK
FC2ブログFC2ブログ
バンコムブログ バニーバンコムブログ バニー
BLOCKBLOGBLOCKBLOG:ブロックブログ
アセラアセラ

厳選レンタルサーバー
ロリポップロリポップ
プレミアエクスビットプレミアエクスビット
ハッスルサーバーハッスルサーバー
さくらインターネットさくらインターネット
FC2レンタルサーバーFC2レンタルサーバー

Bfit(ビーフィット)Bfit(ビーフィット)
298.jp(ニクヤ)298.jp(ニクヤドットジェィピー)
マジックボックスマジックボックス
Xbit(エクスビット)Xbit(エクスビット)
マイティーサーバーマイティーサーバー

MovableType売れ筋ランキング

1.Movable Typeブログテンプ...
2.Movable Typeスタイル&コ...
3.Movable Type標準ハンド...
4.ブログ自由自在 Movable...
5.Movable Typeで今日から...
6.Dr.BlogのMovable Type...
7.基礎から作るMovable Ty...
8.Movable Type公式タグリ...
9.ウェブログ入門−Bloggerと...
10.Movable Typeで今すぐ...

Xoops売れ筋ランキング

1.Customizing XOOPS ~...
2.<多機能なコミュニティサイト...
3.XOOPSによるポータルサイト...
4.XOOPSでつくる!最強のコミュ...
5.XOOPS入門――ひとが集ま...

厳選無料アフィリエイトサイト契約
A8.net(エーハチネット) A8.net(エーハチネット)
アクセストレード アクセストレード
トラフィックゲート
リンクシェア リンクシェア
FC2 FC2
バリューコマース

病んだ心...

ホーム
 特集:1 Googleアドセンス報酬向上[2/3](このページ) >>  特集:1 Googleアドセンス報酬向上[3/3](次)

[PR]特集 Amazon.co.jp レコメンドコンテンツ



Copyright(C) アフィリエイト向上大失敗 All Rights Reservd.
version2.0