• ホーム
  • 女性がED治療薬を飲むとどうなる?その危険性とは

女性がED治療薬を飲むとどうなる?その危険性とは

2020年09月12日

ED治療薬は陰茎の血流量を増やして勃起しやすい状態に近づける作用がありますが、女性が飲むと性的興奮が高まると思っている人がいるようです。しかし、女性が使っても、体には大きな変化は見られません。可能性があるとすれば、陰部の血流が良好になることくらい。女性にとって男性の陰茎にあたるクリトリスや性器周辺の血流が増すことで刺激に敏感になる可能性が否定できないとはいえ、科学的根拠はありません。

女性が飲むと性交渉が盛り上がるかもしれないと思っても、実際には男性のような顕著な効果は期待できないので、EDの治療薬を女性が使うのはやめておいたほうが良いでしょう。性的な興奮が得られないだけなら問題はないのですが、怖いのは副作用が起こるかもしれないこと。

ED治療薬は薬という名前の通り、体の状態を変える作用を持っています。女性の場合には、ED治療薬を飲んで見た目には大きな変化がなかったとしても、体の中では血流が増すことで心臓などに負担がかかっているかもしれないからです。特に心臓や肝臓に問題を抱えている人の場合には、安易にED治療薬を服用することで、心臓や肝臓の状態が悪化してしまうリスクがあります。

ED治療薬を女性が飲むと、メリットはほとんどないのに対し、デメリットは非常に大きいのが問題です。遊び半分で使ってしまい、体に何かあっては大変なので、ED治療薬を使うのはやめておきましょう。

もし、女性の感度を良くしたい、性的な興奮を高めたいと思うのであれば、女性向けの薬を使えば望み通りの状態に近づけられます。女性の身体に合わせて作られているものなら、科学的根拠もあるので一定以上のメリットが期待できます。

ED治療薬は服用後の限られた時間だけに作用するため、薬という認識が薄いかもしれませんが、医薬品の一種です。ED治療薬はまだ未開発な部分が多く、これからの研究次第では新しい効能が発見される可能性を秘めています。女性にも効果があるのであれば、そのうちに正しい研究結果が出るでしょう。そうすれば、女性が飲むとどういった副作用があるのかのデータも揃うはずです。

そこまでED治療薬が解明されれば、安全に女性でも使うことができます。だから、女性が飲むとどうなるかの興味がある人は、安全に女性が服用できるようになるまで待ちましょう。それまでの期間は,女性用に開発された薬で代用すれば、充実した性生活が遅れます。もう少しの辛抱だと思って、わざわざ危険を冒すようなことは行わないほうが賢明です。